石けん作りにはまるcalenの日記。お気軽にコメント下さいね。


by coloraroma
カレンダー

2008年 06月 21日 ( 2 )

d0150227_1955257.jpg

ハタヤ商会さん から、リップクリームのキット‘La Bomba’をお届け頂きました。
(こちらのわがままでお手数をおかけし、申し訳ありませんでした!)

ハタヤ商会さんの、リップクリームキットの記事は、こちら

クリームケースの蓋を開けると、ローズの素晴らしい香り!
もう、うっとり~です。


d0150227_206646.jpg

ホホバオイル、チェリー核油、未精製マヌカミツロウ、ローズワックスを
キャンドルで温めます。
(今日はキャンドルナイトなので)


d0150227_20102056.jpg

溶けたら、竹串で良く混ぜて型に。
クリームケースと、リップチューブに流してみました。

早速、唇に。ハタヤ商会・AYAさんは、ローズオットーとハニーabs.で
香り付けされていましたが、このままでもローズの香りがふんわり漂ってきます。
なので、無香で。良い香りで、幸せ♪

d0150227_20501567.jpg

小さな可愛い香水ビンも。
早速明日から使おう。



今日は、キャンドルナイト。電気を消して、夕ご飯。
 ちょっと暗すぎました。

子供たちは、大ハシャギのひととき。
私も、とても幸せなひとときでした・・・*^u^*

AYAさん、ありがとうございました!


 
[PR]
by coloraroma | 2008-06-21 20:55 | 日記

ラベンダー☆バンドルズ

d0150227_17451657.jpg


イングリッシュラベンダーを頂いたお友達、Aさんから、
今回は、「グロッソ」(ラバンジン)をたくさん頂きました!

ラベンダーは、ご存知の通り、
真性ラベンダー、ラバンジン、スパイクラベンダーなど、様々な種類があります。

とても詳しく解説してあるページを見つけました。

こちら

真性ラベンダーは、学名、Lavandula officinalis、Lavandula angustifolia
というものです。
エステル類の酢酸リナリル、モノテルペンアルコール類のリナロール、ラバンデュロール・・・
などが主成分。
鎮静作用、抗炎症作用、鎮痛作用、殺菌・消毒作用・・・とても幅広く活躍する精油!
高原の冷涼な気候で栽培されています。

ラバンジンは、真性ラベンダーよりも、酢酸リナリルの含有率が低く、
リナロールの含有率が高く、1.8シネオールやカンファーも含んでいるのが特徴。
(1.8シネオール・・・ユーカリグロブルスの主成分)
だから、真性ラベンダーよりも、すっきり、くっきりした香りがします。
比較的暑さにも丈夫です。

ちなみに、スパイクラベンダーには酢酸リナリルは含まれておらず、
リナロール、1.8シネオール、カンファーが主成分。
メール(男性)ラベンダーとも呼ばれているそうです。

フレンチラベンダーは、ケトン類のフェンコン、カンファーが主成分。
リラックス効果は全くありませんが、抗菌効果、防虫効果は抜群!

ひとくちにラベンダーと言っても、いろいろな種類があるんですね。

d0150227_1724257.jpg


ラベンダーバンドルズを作りました。
落ちたつぼみで、ウルトラ抽出にもチャレンジ。

バンドルズの参考にしたのはこちら↓。
d0150227_17334227.jpg

熊井明子さんの、『ポプリの詩』(昭和58年刊、講談社)。
『なかよし』連載の『あこがれ二重唱』でポプリにはまった私の、宝物のような一冊です。
(ポプリにはまった方、いらっしゃるんじゃないかしら。。。^U^♪)
[PR]
by coloraroma | 2008-06-21 17:46 | アロマテラピー